ベト ジェット コロナ。 4月のチケットを購入!コロナ終息まで海外旅行は自粛すべき?

これらの新商品は、お客様に大きなメリットをもたらし、航空会社に高い収益をもたらします。

ハノイから台北への便は、2021年4月11日を予定しています。

プレスリリース転載 (東京、2020年9月17日) - ベトジェット航空は、2020年9月29日より、ベトナムから日本、韓国、台湾への国際線定期便の一部を下記の運航スケジュールで再開します。 日本政府は学校の臨時休校やイベント自粛を呼びかけており、ようやくウイルス拡大防止へ本腰を入れた格好です。 コロナに完全に対処するために、航空会社は新型コロナウイルス感染予防の手続きに関する情報のウェブサイト掲載、乗客のフェイスマスク着用、航空機の徹底洗浄、乗務員用の保護具など、7つの基準を設けなければなりません。 ベトジェットのトゥ・ヴィエット・タン副社長は次のように述べています。 また、ベトジェットは、当局の許可が下り次第、海外への運航計画を実施する準備を整えています。 起こり得るリスクとしては、入国拒否、隔離措置、突発的な航空便のキャンセル、ホテルへの宿泊拒否、差別や嫌がらせなども想定できます。 パンデミックの中でも人員削減を行わず、黒字を達成しています。 また、ベトジェット航空は世界各地で本国送還便を運航しているほか、病気の予防や管理をサポートするための物資、必需品、医療機器などの輸送も継続して行っています。
95

世界的に有名な航空会社の安全性と製品の格付けサイトであるエアラインレイティングスは、初めて航空会社の新型コロナウイルス感染症対策に対して格付けを行ったサイトです。

コスト管理、効率的な運営やパフォーマンスを重視し、低価格で柔軟な運賃体系で様々な路線を運航するほか、お客様の需要に対応する多様なサービスを提供しています。

また、ベトナムでの新型コロナウイルスの流行が深刻化している間、ベトジェットは安全基準を完全に遵守し、スタッフの協力を得て、何百万人もの乗客を安全に輸送することができました。

新型コロナの大流行により航空業界が大きな影響を受けた時期に独自のグランドサービスを立ち上げたことで、ベトジェットは変化する厳しいビジネス環境にも柔軟に対応できるビジネスを生み出し、優れた管理能力を持つ航空会社であることを証明しました。

日本は未だに自己責任論が根強く、この自粛ムードのなか海外旅行を決行する場合は何かしらのトラブルが発生しても自己責任が求められるでしょう。