ゾビラックス。 ゾビラックス点滴静注用250の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

このため、 ウイルスに対する選択性はゾビラックス(アシクロビル)の方が高いことが推測されます。

[小児]〈単純疱疹〉通常、小児には体重1kg当たり1回アシクロビルとして20mgを1日4回経口投与する• 飲み忘れた場合には、気がついた時点ですぐ1回分を服用してください。

調剤部門エリアマネージャーを経験後、名古屋商科大学院経営管理学修士課程にて2年間経営学を学び、経営管理学修士号 MBA を取得。

wc-shortcodes-collage-column-2,body. したがって、処方してもらうゾビラックスの量も多くなり、薬代としての費用がかさんでしまうことがあります。

ただし、ただし2回分を一度に服用することはできません。

1. 〈効能共通〉本剤の投与は、発病初期に近いほど効果が期待できるので、早期に投与を開始することが望ましい。

呼吸抑制、無呼吸(0. removeClass 'active' ; selfFile. 効果 アシビルDTの主成分であるアシクロビルはヘルペスウイルスや水痘・帯状疱疹ウイルスのDNA複製を阻害し、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。