体温計 発明 者。 電子体温計

華氏のスケールは水の凍結と沸点を180度に分けた。

には、オランダのであるとともに、異なるの混合実験を行い、その時の温度が初めの温度のにならないことを発見し、後にの物理学者、化学者であるによりでされた。

ただ、挿入の角度などによって誤差が大きくなりやすいため、正確性には劣る面がある。

即ち、 先端に体温検出部を形成する樹脂の筺体と、前記筺体の先端に付着され、前記体温検出部を形成する金属製キャップとを備える電子体温計であって、 前記筺体先端に接する前記金属製キャップの内面には表面加工が施されたことを特徴とする。

American Meteorological Society. 32は2の5乗なので、0から32の目盛りを作るとき、半分にする作業を5回繰り返すと32等分することができるからです。

そのため、金属キャップ102と先端部101aとを固定する固定力には改善の余地が多く残されている。

75