エアロゾル 感染 と は。 新型コロナ空気感染の可能性、WHOが認める ウェブサイトに記載

63

WHOでは主に1メートル未満の距離で生じる飛沫による感染、厚生労働省では通常2m以内の距離の人に起こる感染と説明しています。

未知のウイルスで慌てたり過度に不安を感じたりするのではなく、これまでのウイルス感染の予防法をしっかりと行い、それぞれの健康を守っていきましょう。

医療機関においても N95マスクは現在不足気味で、再利用を行ったり、アメリカ疾病予防管理センター CDC ではフェイスシールド+サージカルマスクでも許容するとの指針をだしている状態です 2020. ただし、新型コロナウイルスは麻疹ほど感染力が強いわけではないため、エアロゾルが生じていても感染しない可能性もあります。

ウイルスの寿命・ウイルスが感染力を失う時間の目安 そもそも「ウイルス」は生物ではありません。

<感染経路の種類> 1)空気感染 飛沫核感染;感染者から排泄された飛沫核を直接吸い込むことで感染します。

・3密を(密集・密接・密室)避ける ・安全な距離を保つ ・こまめに手を洗う ・室内換気と咳エチケット (内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より) これらの基本的な対策とあわせて、特に新型コロナウイルスの家庭内感染を防ぐためのポイントを見ていきましょう。

エアロゾル感染という言葉は医療の現場では使われていないため、明確な定義はありません。

に従ってください。

皆さん自身のため、皆さんの周囲の方々のため、そして社会のために、どうぞよろしくお願いいたします。

6