初盆 香典 親。 初盆の贈り物は何がいい?友人へのお供え物や金額のマナーをご紹介!

四十九日を迎えた故人の霊を供養する意味合いが強いことから、 お盆期間中の法要も故人のために行うものです。

両親が直接お伺い出来ない場合は、あなたが預かり代理として義両親へお渡しすると良いでしょう。

まとめ いかがでしたか? 親の初盆での金額の相場やお供え物の品物選びや金額など、それぞれの相場やのしの表書きについてご紹介させていただきました。

初盆に供養に訪れてくださった方にお返しを用意するにあたって、何人くらいの方がいらっしゃるのかを正確に予測するのは難しいですよね? 目安としては葬儀会葬者の3割程度と言われますが、特に、コロナ禍にあっては、普段なら間違いなくいらっしゃる方でも直接訪れるのを控えるケースが少なくありません。

相手側も、不必要に親せき付き合いを広めたくないという考えがあるかもしれないのです。

地域によって新盆にいぼん・あらぼんなどと言います。

夫婦二人なら1万円~3万円。

事前に身内や親戚に尋ねておくと安心です。

一般的には 5千円から1万円が相場になっています。

こちらからメルアドを登録して無料で書籍をダウンロードしてくださいね。

一方で、汚れたお札や破れたお札などは失礼にあたりますので避けましょう。

水引は関東では黒白、関西は黄白を用いることが多いですが、初盆に限っては黒白を選ぶのが基本です。

まず、ご主人にとっても「親」にであることには違いがないのですから、是非、日程調整していただき、 最低でも、14~15日のどちらかにはお参りすべきではないでしょうか。

地域によってはお金だけでなく、お菓子などの品物をつけて一緒にお供えする場合もありますので周りの人に確認してください。

65