生 チョコ の 作り方。 生チョコのレシピ・作り方 【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

89
*チョコレートを加えるときにかたくならないように、生クリームを泡立て過ぎないことが大事です 身近なところでは マヨネーズですね
ゆっくりかき混ぜて溶かします *冷たい生クリームをそのまま入れてしまうと、きれいに混ざりません
溶けたチョコに生クリームを入れていきます 型に流し入れて冷蔵庫で冷やし固めます
生クリームは鍋で温めるよりレンジで温める方が沸騰させないで温められると思います 生クリームの温度が低かった• 分散乳化法• チョコを溶かす温度が高い 最初に湯煎でチョコを溶かす方法をとるとき、湯煎の温度が高すぎると分離してしまいます
温度が下がったら、残りの生クリーム 100ml を加え、混ぜ合わせる 手作りチョコをあげる人も多いのではないでしょうか
しっかり混ざり合った状態 今、高カカオチョコレート(カカオ〇〇%)が流行をみせています
コーヒーもチョコレートも自宅で焙煎から始め手間をかける事で、現状を知るキッカケになる(なりやすい)のでは、と思います 溶けたチョコに生クリームを入れていきます
もし分離しちゃっても、復活させられるかもしれません
もしくはそれ以上 その場合は分離しないコツを参照して作っていただけたらと思います
これは健康(効能)を意識しているからだと思います チョコレートはあらかじめ少量の生クリームと合わせておく 生クリームは一気に入れず、少しずつチョコレートとなじませましょう
23

*生クリームは一気に入れないようにします。

温度を上げるか生クリームを足すかすれば解決すると思います。

左が成功したツヤのある状態、右が分離している状態です。

左の分離しているものが、右のようになめらかに戻りました。

様子を見ながら泡立ててください。

固まったらカットします。

68