スペイン 風邪 日本 死者。 スペイン風邪(1918~1920年)での著名人の死去について(追記あり)

そもそも日本のマスクは、粉塵除けとして明治初期に開発されたものだった。

それが重症化に結びついてしまう。

そして、最後の波にあたる 第三波の流行は、 1919 年の 3 月~ 5 月ごろまで続き、第二波の流行と比べると 感染の規模は やや小さかったものの、第二波の流行と同じくらい 致死率は高く、 こうした 第三の流行の波は、 中国や日本といった アジア地域を中心に感染を広げていくことになり、 日本ではこうした 1919 年の春にはじまり 散発的な流行としては 秋頃まで続いていくことになった 第三波の流行とその余波による 死亡者が最も多かったと考えられることになります。

ピート・デイヴィス『四千万人を殺した戦慄のインフルエンザの正体を追う』高橋健次訳、文藝春秋〈文春文庫〉、2007年(原著1999年)。

台湾に巡業した力士団のうち、3人が肺炎等によって死亡した。

下中社長は「出版社には、のど元過ぎたら忘れてしまうようなことも残していく使命がある。

とあるのでした。

「当時の内務省が感染の経過についてまとめた『流行性感冒』という報告書を見ると、日本では3回にわたって流行が起きていたことがわかります」(浦島医師) 日本に上陸したのは欧米諸国から約半年遅い1918年8月以降。

司法省技官として監獄等の設計に従事、豊多摩監獄(後の中野刑務所)が代表作。

そして、沖縄で独占的に生産されているもののひとつは「 もずく」なんですね。

以下「武山祐三の日記」より引用です。

Vergano, Dan 2014年1月24日. 18年から1年以上にわたって世界中で流行したでは国内だけで38万人以上の死者を出したとされるが、「人の密集を避ける」といった基本は変わっていないことがわかる。

2度目の流行は1919年の秋から冬。

なお、今回の海藻のことを調べていたのは、この数日なんですが、調べた後に、子どもに、 「 2日に 1度はメカブかモズクを食べるように 実際、1918年4月には巡業中の力士たちの集団感染などが報じられ始める
だからできるだけ流行を抑えるために予防ワクチンの接種が必要だ」といったところでしょう Influenza and Other Respiratory Viruses 4 2 : 81—89. 入院患者の給食も滞った
1位 沖縄県 生産量 15,336トン 日本での生産の 99. されるか以下からご登録できます : 編者で分かるようにこれは『当時、が編纂した調査報告書』の復刻版で旧仮名遣いなので読むのは大変です
Hannoun, Claude 1993. では、現在直面している新型コロナがそれに当たるのだろうか そもそも「スペイン」という国名を冠しているものの、本当の震源地はよく分かっていない
アメリカはドイツのUボートによる無差別船舶攻撃により被害を蒙った事から、1917年の4月に第一次世界大戦に参戦、200万人ものアメリカ兵が欧州に渡ります 第1次伊藤、黒田、第1次山縣内閣蔵相、首相、第2次伊藤内閣蔵相、など歴任
1918年9月以降、感染拡大に応じて、 〈学校や教会等の閉鎖〉〈マスクの使用を強制する規則発布〉 など段階的に感染予防策を講じていたことが分かる 進化生物学者らは、1889年にA型インフルエンザH3N8亜型、通称アジアかぜ(ロシアかぜとも)が世界中で流行したことで、子どもの頃にH1N1株のスペインかぜに似た型のウイルスを経験する機会を持たなかった世代があることに気づいた