東急 東横 線。 東横線路線情報|東急電鉄

2013年(平成25年) 24 31,344 51,362 164 2014年(平成26年) 24 31,344 52,667 168 2015年(平成27年) 24 31,344 51,235 163 2016年(平成28年) 24 31,344 53,266 170 2017年(平成29年) 24 31,650 53,229 168 2018年(平成30年) 24 31,650 54,376 172 2019年(令和元年) 24 31,650 54,311 172 編成数の増強と車両の大型化 戦後、東横線の利用者数が増えるにつれて編成数の増加などを行い、(昭和44年)の(2008年運転終了)の登場以降、3つドア18m車から、4つドア20m車のみの増備となった。 また、普通旅客運賃は10円単位運賃での計算となります。 8月1日 急行運転復活。 当時の停車駅:渋谷駅 - - 自由ヶ丘駅 - 田園調布駅 - - 日吉駅 - - - - 横浜駅 - 桜木町駅。 元住吉駅発着列車が始発および終電をのぞきすべて武蔵小杉駅発着となる。 1935年2月1日 運転を開始。 列車種別 8000系電車による特急(2005年9月) 特別料金不要の列車としては東横線・の最速達種別。 副都心線小竹向原駅では池袋線直通列車はからの東上線直通列車に、東上線直通列車は有楽町線からの池袋線直通列車に連絡する 場合が多いが、ダイヤ乱れ時には変更される場合がある。 渋谷駅発着で運転される一部列車を除き東京メトロ副都心線に直通し、直通先の副都心線内では主に平日朝ラッシュ時間帯が急行・通勤急行となる以外は各駅停車となる。 渋谷駅付近 地上時代 下に渋谷川が見える(2011年8月) 渋谷隧道を抜けるとに入り、上下線間にが顔を出す。
12
この相互直通運転開始により、西武の車両が初めて内でも営業運転を開始した また、副都心線の各駅停車のうち東京地下鉄7000系には8両編成も存在するが 、これは東横線・みなとみらい線との相互直通運転において、主に各駅停車としての運用に就くためである
横浜駅 - 桜木町駅間の鉄道事業廃止届出書をに提出 2013年3月15日までは日比谷線との相互直通運転が行われており、(東武スカイツリーライン)から日比谷線への直通および日比谷線内のみの運用列車がここで折り返し、日比谷線直通列車が当駅で相互に乗り入れていた
東急側の乗り入れ路線は当初、東横線かどちらであるのか明言していなかったが、相鉄の公式ウェブサイトにおいて本計画を紹介する「都心直通プロジェクト」には東横・目黒両線に乗り入れるものと捉えられる記載があるものの、同ページ内にある「完成後の効果」には、目黒線を利用した場合のみ公表されているなどの理由から、ダイヤ構成等が複雑にならない目黒線への直通が有力とされていた 日中以外の時間帯には、和光市駅より先の東上線発着(平日のみ)のほか、副都心線発着、池袋線(土休日のみ)・・・発着もある
直通運転開始時に10両編成で運用しているのは、2011年から増備された東急5050系4000番台 と、他に、東京地下鉄7000系の一部、10000系、東武9000系、9050系、、西武6000系である その他 旅客営業は行っていなかったが、2000年8月6日の目黒線開業以来への回送列車として目黒線の車両(・)および同線への乗り入れ車両である都営6300形・・(都車は2000年9月22日より、メトロ車は2003年改正より、埼玉車は2006年改正より)が武蔵小杉 - 元住吉間を走行していた
一方、菊名発着の列車はで特急(時間帯によっては通勤特急または急行)の通過待ちを行うが、それ以外では待避を行わない 乗換路線 乗換路線はありません• 日比谷線直通終了時点では定期列車の運行区間は主に菊名駅 - 日比谷線北千住駅間であり、朝と夜にはや日比谷線発着列車も設定されていたほか、平日早朝には日比谷線始発の菊名行きが設定されていた
複線区間:• 東急での特急列車の設定はこの時が初めてである 2012年9月から東横線では・7000系が、副都心線では東急5050系が先行営業運転をそれぞれ行っていた
多摩川園駅 - 武蔵小杉駅間の複々線化完成 開業時より東急が駅管理業務を実施
38