大 三国志 じゅん ゆう。 今期引いた大三国志の★5武将

ここで、袁譚が滅び、袁家が袁尚で一本化されると再び強大になり 官渡の勝利が水泡に帰す事になりましょう」 曹操は荀攸の進言を受け入れて、劉表を攻める事を止めて 袁譚と和睦して、その支援を行い袁尚を攻撃します。

尚書令となった荀攸は、荀彧と同じように賢者や名士を推挙したので、曹操は「荀彧と荀攸の人物評価は、時が経つほど益々信頼できる。

2ターン持続。

このため、世間の人々は荀攸に国家の軍事について尋ねることを控えるようになったという。

主戦法は発動確率は高くないが準備ターン抜きで発動する。

始計妖術をに積んだ理由、、、前衛でありそもそも歩兵なので速度の関係上一番色んな影響を受けてからターンが回ってくる事から混乱、猶予のケアをしたい。

建安19年()、曹操の討伐に従軍しているときに病に倒れて、まもなく陣中で死去した。

荀攸が前後に亘って立てた奇策は合計して十二個あり、鍾繇だけがその内容を知っていた。

85
スタダ インタビュー記事• 中衛弓、本営大騎馬or弓変更なんかでも構成の幅はあると思います。 Cost3 歩兵 攻撃距離2• (今後実装する大型戦法が来ると環境は変わるんだろうけども。 見た目も叔父の荀彧とは対照的な荀攸 袁家を滅ぼした事で、華北の覇権はほとんど曹操の手中に入ります。 袁紹の方針転換は、後に袁紹配下のが投降し、 曹操陣営に烏巣の場所を漏らす事に繋がり やがて、曹操軍奇跡の大逆転へと進んでいくのです。 その潔さを認め、曹操は淳于瓊を帰服させようとしたが、先に帰服した許攸が「鏡を見る度に淳于瓊は我らに恨みを抱くでしょう」と讒言したため、斬首されたという。 曹操はに出陣し、秋9月(「武帝紀」)に一時的に和睦した袁尚・袁譚の連合軍を破った。 荀攸39歳の頃に曹操にスカウトされる 39歳の頃に荀彧の推挙により曹操に目を付けられ、 曹操: 「いつまで荊州で蜀漢を眺めているつもり?」とスカウトを受けこれに応じました。 建安19年()、曹操の討伐に従軍しているときに病に倒れて、まもなく陣中で死去した。 他の臣下らはなお強力な勢力を保っていた劉表征伐を優先するよう勧めたが、劉表は自守の賊であって野心が貧しいことと袁氏の力はまだ侮れず後継者争いが収まったら再び脅威となるであろうことから、荀攸は袁譚と袁尚の争いに乗じて袁氏の土地を奪って平定するよう進言した。 (斉王)の時代、詔勅により曹操の廟庭に24人目の功臣として祭られている。
29
『魏書』によると、荀攸の父の姉妹の子である辛韜に袁氏を滅ぼしたときの計略を尋ねられたときも、荀攸はと曹操に功績を帰して答えなかった。 諸将はこの降伏を偽りではないかと疑ったが、荀攸はと共に許攸の意見を支持した。 荀攸は曹操の遠征にはほとんど従い、その進言には外れが無く 曹操が荀攸を信頼する事は、荀彧や郭嘉にも劣りませんでした。 しかし、やがて何進が殺されると、混乱の中でが洛陽を制圧、 その専横に憤った荀攸は、議郎の鄭泰(ていたい)、、 侍中の种輯(ちゅうい)、越騎校尉のと図って 董卓を暗殺しようとしますが、計画がバレて何顒と荀攸は投獄されました。 編成の基本形• これができるのは 荀彧だけ。 。 もし、荀攸の蜀行きのタイミングが早ければ、もしかすると、 劉焉をアシストして、蜀は劉備が入れないくらいに強化され 早々と三国の一角に成長するか、そうでないなら、 から荀彧を通じて降伏を勧告され時勢を読んで あっさり降伏するか、どっちかになりそうです。