うな とろ ふぁ ー む。 ストロビードライフロアブル

水産動植物 藻類 に影響を及ぼす恐れがあるので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。 薬剤耐性菌の出現を防ぐため、本剤の過度の連用はさけ、なるべく作用性の異なる薬剤との輪番で使用してください。 散布器具及び容器の洗浄水は、河川等に流さないでください。 ロザリオビアンコには葉に薬害を生じるので散布をさけてください。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましいです。 開花期以降のおうとうには、薬害が生じるおそれがあるので、周辺にある場合にはかからないように注意してください。 街路、公園等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。 ぶどうに使用する場合には次の事項に注意してください。 散布液調製の際は、水をかきまぜながら本剤の所定量を徐々に加えてください。
13
適用作物群に属する作物又はその新品種に本剤をはじめて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。 かきに使用する場合には、西条の新梢伸長期の散布では、葉に薬害を生じる場合があるので注意してください。 使用残りの薬液が生じないように調製を行い、使いきってください。 落花20日以降袋かけ前までの散布は果粉溶脱やよごれを生じる場合があるので注意してください。 本剤は眼に対して弱い刺激性があるので眼に入らないように注意してください。 なしに使用する場合、開花始めから落花30日頃までの散布においては、葉に薬害を生じるおそれがあるので使用をさけてください。 本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法を誤らないように注意し、特に初めて使用する場合は病害虫防除所等指導機関の指導を受けてください。
53

安全使用・保管上の注意• 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。

ボルドー液との混用はさけてください。

また、空容器、空袋等は水産動植物に影響を与えないよう適切に処理してください。

眼に入った場合には直ちに水洗してください。

巨峰およびデラウェアを除く品種には、新梢伸長期から開花直前までの散布は葉に薬害を生じる場合があるので注意してください。

93