おちよ やん。 おちょやん:「小学生と思えない」と話題の子役・毎田暖乃 千代が「必死に生きている姿が伝わればいい」と

岡田宗助: 芝居茶屋「岡安」の主人。

妊娠中だが村の男たちも見惚れるほどの美人で、三味線が得意。

同じ頃、一座の旗揚げ公演で主役となった千之助は、老いでセリフを忘れアドリブも出来なくなったことに役者人生の終焉を悟り、千代を代役に立てる。

5月6日、ヒロインのバトンタッチセレモニーを実施。

享年70。

また、番組最高視聴率が3月5日放送第65話の18. 京都に旅館を多数持つ大地主の2代目に身請けされて、嵐山の旅館「夕凪」で女将を務める。

私はもう見ない」 「父親がダメな人でまたドタバタ劇で…使い古されている感じ。

きっとみなさんも、みなさんにとっての大切な仲間のことを考えたり、会いたくなったりしてしまうはずです。

周囲からは「お家さん(おえさん=女主人)」と呼ばれる。

名前:浪花千栄子(なにわ・ちえこ)• そこでかつて千代に酷い仕打ちをした事を謝罪すると共に両親を亡くした孫の春子 千代の姪 の面倒を見てあげて欲しいと懇願する。

千代とヨシヲの異母妹。

その後千代の前に現れ、謝罪する。

映画は、『祇園囃子』(1953年・溝口健二監督・ブルーリボン助演女優賞)、『夫婦善哉』(1955年・豊田四郎監督)、『蜘蛛巣城』(1957年・黒澤明監督)、『彼岸花』(1958年・小津安二郎監督)、『宮本武蔵シリーズ』(1961~全5作・内田吐夢監督)など多数出演。 感じたままの思いをを『泣き笑いのエピソード』というタイトルに込めたとのことですよ。 。 千代は傷心を堪え、謝罪する灯子を寛容し、そつなく一平との舞台共演を続けるが、中に一平との思い出が頭を過り、セリフが詰り涙が溢れ観客を騒つかせる。 千代がラジオドラマ『お父さんはお人好し』の出演を決心し、その初収録の日の朝に花籠を渡し、それまでの数十年の間、折に触れ匿名で千代に贈られてきた花籠の贈り主が自分であった事を明かす。 最後の興行で道頓堀を訪れた際に偶然シズと再会し逢引を持ちかけるが、千代やシズ本人から幸せで後悔の無い人生を送っていると聞いて潔く身を引く。 なお、前作『』も同様の処置がとられた。 歌って踊れるのが自慢で、千代を密かにライバル視している。

神出鬼没。

千代は借金取りに抵抗するも岡安に対する嫌がらせが始まり、やむなく店を辞める決断をする。

浪花さんを知れば知るほど【おちょやん】が楽しみになってきますね。

山村千鳥: 京都の小さな芝居小屋で「山村千鳥一座」を率いる女座長で、千代の最初の師匠。

千代の初恋の相手(?)となる。

福助に召集令状が届くと自身も少年兵に志願したがるが、止められる。

新喜劇に3人の座員が加入し始動した頃、寛治が帰還。

皆さん、一筋縄ではいかない個性豊かな方ばかりで、ヒロインの千代とどんな化学反応が起こっていくのか、楽しみでしかたありません。

のちに新たに旗揚げされた鶴亀家庭劇に参加する。

千代は芝居茶屋・岡安でせっせと働く。