福井 県 職員 録。 職員録 大学私学課

県報版もこの4年間は発行されていた可能性があります。

福井県ヲ置キ越前若狭両国一円管轄セシメ. 内務部は厚生、土木、産業、農業などを総括的に含んでいるものですが、敢えて警務部と徴税部門が独立している点で、当時の業務が治安の維持と徴税業務を重視しているように見えます。

小沢藤兵衛家文書 A0543-00327 明治27年(1894)には、県報の付録としての(小沢藤兵衛家文書A0543-00327)もつくられています。

一方、処分は行っていないことを明らかにした。

刊行物としての「福井県職員録」については、残念ながら、そこからしばらくは存在が確認できておらず、次は明治38年(1899)年に発行された「」(福井県知事官房発行、加藤竹雄家文書A0052-00612)になります。

ここで、米の取引価格から物価を換算してみます。

福井県警坂井署は3月26日、酒気帯び運転の疑いで福井県中山間農業・畜産課長の男(57)=同県坂井市=を現行犯逮捕した。

大正3年に第一次世界大戦が始まり、物資の不足したヨーロッパやアジアに向け、敦賀港から多くの商品が輸出され、国際貿易港にふさわしい港湾修築工事が行われたためと思われます。

異動する職員全員の検索が可能で、氏名か新・旧職場名を入力すると閲覧できる。 さて、今回のコラムでは、江戸時代の給帳に相当するものとして「福井県職員録」について紹介したいと思います。 関係者によると、逮捕されたのは、送別会の後、課長が車で別の職員を送った後だったという。 この官員録は、一定以上の官がある者の名簿で、中央官庁(各省)の職員を掲載する「甲」と地方官庁(道府県および市町村)の職員を掲載する「乙」の2部に分けられ、明治26年(1893)3月までほぼ毎月発刊されました。 石高制は地租改正(明治4)により消滅したとも言われますが、職員録では県の大きさを表す指標として、明治14年(1881)1月まで使用されていました。
72 91