相国 寺。 相国寺 : 臨済・黄檗 禅の公式サイト

栄西が伝えたのは黄竜派の教えだが、(1166年 - 1227年)が伝えた楊岐派の教えは、禅宗24流のうち20流をまでを占めるまでになった。 その為、後日再度行きました。 住職または寺の関係者がお待ち致しております。 相国寺(しょうこくじ)は正式名称を萬年山相国承天禅寺と称し、足利三代将軍義満が、後小松天皇の勅命をうけ、約10年の歳月を費やして明徳3年(1392)に完成した一大禅苑で、夢窓国師を勧請開山とし、五山の上位に列せられる夢窓派の中心禅林であった。 臨済宗では妙心寺や大徳寺、京都五山、それに鎌倉五山などに学寮を設けられ、宗学の伝授と住職資格の付与を担った。 当日は、代表者の方が事前に拝観料をおまとめいただくようお願い致します。 大徳寺派 [ ]• 歴応二年(1339)足利尊氏が後醍醐天皇を弔うために天龍寺を建立すると、開山として招かれ第一祖となり、また、国師は争乱の戦死者のために、尊氏に勧めて全国に安国寺と利生塔を創設した。 、により始まる。 円覚寺派 [ ]• パラパラ咲きでしたが相国寺の美しく上品な蓮の花に感謝です。
36 19