タル エデュケーション 株価。 TAL Education Group 事業内容・ビジネスモデル

証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。

また、口座開設後は四季報なども閲覧できるので情報収集にもとても役立ちます。

歴史・政治・地理は、主に「Izhikang」ブランドの個別プレミアム個別指導サービスと「Xueersi」ブランドの少人数制サービスで提供している。

— 気になる企業調べる🐘 kininaruzou 2015年に一人っ子政策が解除され、二人っ子政策による中国の出生数が上昇したことは将来的な教育市場の拡大でポジティブ。

これによりオンラインスクールの売上構成比率が上昇している。

広告その他 TAL Educationは、中国の大手検索エンジンや、中国の学生をターゲットとした他の教育サイトとの協力関係を通じて広告を出稿している。

さまざまな学生グループを対象とした、あるいはさまざまな分野に焦点を当てたさまざまなサービスを提供することを目標とし、TAL Educationの潜在的な学生の教育ニーズのあらゆる側面に浸透するブランド育成を図っている。

「Firstleap」事業の大部分は、「Lebai Education」社とその子会社、「Firstleap」少人数クラスを提供している学校を通じて行われている。

また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。

裕福な大都市を中心に勢力を拡大してきたが、今後毎年4つの都市に新規参入していく目標。

ラーニングセンターは、授業が行われる物理的な教育施設を指す。

One-on-one student-teacher setting, supported by a team of experienced teachers TAL Educationの個別プレミアムサービスの各学生は、経験豊富な教師の大規模なプールにアクセスすることができる。

さらに、入学希望者やその保護者へのブランド認知度を高め、当社のサービスへの関心を高め、さらに紹介を促進するために、さまざまなマーケティング活動を行っている。

株価やIPO、株主優待など日本株情報のほか、外国為替や金利、投資信託や中国株、ニュースや企業情報など、たくさんの情報が掲載されているので、とても役立ちます。

外出先などでパソコンが使えない時、仕事のちょっとした空き時間に、スマホを片手に株取引をする。

また、市場の最新ニュースや株式の銘柄情報、複数気配、チャートなど高機能が詰まったアプリで、ロイター提供のニュースが見られるなど、投資情報の収集にも非常に役立ちます。

製品・サービス TAL Educationは、生徒の学業成績、口コミでの生徒獲得力、数々の賞を受賞しており、中国のK-12私立教育市場において「Xueersi」ブランドを高い授業品質と学業の優秀さ(アカデミック・エクセレンス)で突出したリーディングブランドとして確立することに成功した。

1%)。 「株touch」も同様に使い勝手がよいアプリで、現物取引だけではなく先物やNISAにも対応した、高機能のトレーディングツールです。 前身のチェース・マンハッタン銀行がロックフェラー系の銀行であり、サウジアラビアと親密な関係を維持。 また、他のウェブサイトを通じてオンラインコースを選択しています。 その後、海外からの投資を促進するため、2008年にケイマン諸島法に基づくオフショア持株会社として「TAL Education Group」を設立した。 また、授業内での試験を実施しており、専任の個別指導講師が試験の添削や試験後の指導にも力を入れている。