新潟 少女 監禁 事件。 新潟少女監禁事件

母親が佐藤宣行を入院させたいと保健所に相談 新潟少女監禁事件の発覚は、佐藤宣行の母親が保健所に息子の入院を相談したのがきっかけでした。

衰弱しきっており、顔つきから判断して同居しているといったような通常の状態でないことはすぐに分かった。

ただ母親とも口論になり、佐藤宜之は自宅で 暴れまわり 仏壇に放火する事件も起こしています。

弁護側は控訴し、控訴審では「懲役11年」に減刑されますが、検察側、弁護側の双方が上告した最高裁では、二審判決が棄却され「懲役14年」の判決が確定しています。

家の人に連絡しないとだめよ」とたしなめると、少女は「私の家は、もうないかもしれない」と話した[25]。

家に帰って佐藤にこの話をしたが、もちろん佐藤は病院に行くことなどは拒否した。

さらに9年にも渡る監禁で、シャワーを浴びたのも たったの一度だけ、トイレもビニールの中に用を 足させていたと言われています。

佐藤宣行 【少年時代の佐藤】 1962年7月15日生まれ。

犯人の供述というものは往々にして無駄な足掻きをするので過小報告されている可能性が高い。

67
当時9歳だった小学生女児・佐野房子さんが 学校から帰宅途中に無職だった佐藤宜之(当時28) に刃物で脅され車で連れ去られました。 騒動が収まると、関係者らはベッドの上で動いていた毛布の塊に気づき、市職員が毛布をハサミで切り開くと 衰弱しきった色白で短髪の佐野房子さんを発見しました。 その後も泥酔いの女子大生を雑居ビルに連れ込み 性的暴行を働き再逮捕されています。 2017年頃自室で倒れているのが見つかり、54歳での 病死が確認されています。 警察へ通報〜事件発覚へ その後、佐野房子さんは一時病院へと運ばれ、治療を受けます。 新潟少女監禁事件の被害者・佐野房子さんとは 新潟女児監禁事件の被害者・佐野房子さんは、事件当時9歳の小学生でした。
51