ヤリス 車 中泊。 ヤリスで車中泊を楽しむためのオススメ装備を徹底解説

後部座席の足元空間のスペースを埋めると、何とか車中泊をすることができますが、成人男性が車中泊をするには、少し荷室・ラゲッジスペースが狭いです。

切り替え忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさもなくなります。

新型ヤリスクロスがデビューしたということで、この日を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか? ヤリスクロスといえばベース車はヤリスで、 ヤリスに足りなかった部分がちょうどよく補われているのが魅力的となっています。

車中泊向きの車:「フルフラット」な車内でぐっすり眠れる環境を キャンプなど、宿泊を伴うアウトドアアクティビティでは「快適に眠れること」が最重要ポイントの1つ。

軽量コンパクトなのでこれなら常にラゲッジスペースに積んでいても邪魔にならないでしょう。

フラットマン400はからご注文できます。

しかし各部分でのスペースは小さいとしても「全体の室内空間」についてはまた別の話で、うまく室内スペースをフル活用できれば良いのではないかと次では試行錯誤してみます。

トヨタが誇るコンパクトサイズの傑作カー「ヤリス」のSUV版となるヤリスクロスは、発売直後から注目を集め早くも市場では品薄感が出てきているほど。

フラットとはいってもシートの間に隙間ができたり、多少の凹凸ができたりする場合もあるので、基本的にはキャンプ用マットなどを敷くなどして寝床を作る必要があります。

身長が約175cmある私がこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの横になってみたところ、足がテールゲートに触れてしまいましたし…。

後席の居住性(足元空間)こそ余裕はありませんが、たまに後席に人を乗せる程度なら十分でしょう。

近年は車中泊向けのグッズやカスタムパーツなどが続々と登場しており、車中泊を楽しむ人は増加傾向。

検証のため、助手席シートは最も前方までスライドさせておきました。

補修用の生地も同梱されていました。

28