メンチカツ キャベツ。 キャベツメンチカツ レシピ・作り方

近畿地方で「メンチカツ」という呼称が使われない背景として、で「メンチを切る(=睨みつけるの意)」という表現があることから、同音衝突を避けたとする俗説があるが、これはあくまで後から作られた冗談話である。 返すときは、フライ返しを使うと形がくずれにくい。 炒めもの用は大きめに 炒めものなどにはやや大きめの切り方で。 大阪市中央区にて。 乾いた状態の利き手を使って、パン粉を上からかぶせ、軽く押さえつけてパン粉を全体にくっつけます。
74

ボウルにひき肉、溶き卵、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで手でよく練り混ぜる。

よく使われる俗説としては、「ミンスミートカツレツ」は mince(挽き肉) meat(肉) cutlet(フランス語のcotelette(コートレット)が語源)を合成したとされ、のちに「ミンスミートカツレツ」が省略される過程で「ミンス」が「メンチ」に転じて、「メンチカツ」となったという説が一般的に広まっている。

せん切り(2) 内側と外側の2つに分けます。

軸を取る 葉脈の厚い部分はかたいので、用途によっては除きます。

がおいしい! ゲストさん 15:10• ひびが入らないように。

加熱しすぎないように、大きさによって時間調整を。

切り方 ざく切り 葉を3〜4等分して重ね、横にして端から用途に応じた大きさにザクザク切っていきます。

時々上下を返すことで、むらなく色づく。

たねをパン粉が入ったバットに入れ、上からもパン粉をかけ、形を整えながら軽く押さえて、たっぷりつける。

67