サクヤ姫 鬼灯。 木花咲耶姫 (このはなのさくやびめ)とは【ピクシブ百科事典】

人気漫画「鬼灯の冷徹」からツートップの1人。

閻魔大王の下で二代目の第一補佐官を務める鬼神。 試運転の段階では、めめこから亡者のデータを取り出して焙烙斎が罪状を読み上げているが、罪状を読み上げる仕事も、めめこ自身ができるようになる模様。 『クシャミ』です」と言い、小判が合いの手を入れる。 アニメではエピソード名表示の時に毎回描かれている。 佐々木 桃羅流(ささき もらる) 声 - 賽の河原で反乱に参加した子供たちの1人。 現代日本では醜女の部類に入るものの、本人は一時でも時代の美に乗れたことに満足しているので特に気にしておらず、気高く堂々としている。 本作に登場する動物の獄卒たちは、かわいらしさと怖さを併せ持っており、このことについて江口は「かわいいだけで飼うからペットを捨てる人が多いわけで、怖いこともちゃんと伝えなくてはいけない」ということを込めて描いている。 前述のゴシップを含む騒動により、自身の意図しないことで上昇する人気に悩むこともある。 現世の山に住むはずの木霊が地獄に来た理由は二つ。 罪を量る時は「業の秤」に亡者と代わりの巨岩を投げ入れ、亡者の方が重い時は有罪とみなされ、「お尻叩き百回」の罰を下す。
24
クイズ番組では「普通に勉強できるアイドル」として驚かれた。 。 ひねくれた子には、鬼灯様は容赦しません 笑 鬼灯様と子供達のやりとりの面白いことといったら!そんな賽の河原で、ある日クーデターが起きます。 「元」同士意気投合して事なきを得ましたが・・・いつの世も「過去の栄光」「肩書き」は人を成長もさせるし苦しめもするものなんですね。 苺々子(めめこ) 焙烙斎の孫で鬼の幼女。
8