ヨルシカ ただ 君 に 晴れ 歌詞。 ヨルシカ ただ君に晴れ 歌詞

大人になっても、大人になりきる必要はない。 歌: 作詞:n-buna 作曲:n-buna 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せなくても僕ら一つだ それでいいだろ、もう 君の想い出を噛み締めてるだけ. ギターフレーズの情報量が凄いwww 使っているものはペンタトニックとメジャースケールが基本。 一緒に遊んだり、楽しくおしゃべりしていたりしたのかもしれません。 夜は大人、陽はあの夏の頃の純粋な僕らを表しています。 隣に座る間も無く消えた。 作るときは上に乗せるって作り方かもしれませんが って言うより聴いてると歌詞が先行して頭に入ってくる。 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする これもあの夏のころの記憶です。
34
夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ 鳥居 乾いた雲 夏の匂いが頬を撫でる 大人になるまでほら、背伸びしたままで 遊び疲れたらバス停裏で空でも見よう じきに夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ 夏日 乾いた雲 山桜桃梅 錆びた標識 記憶の中はいつも夏の匂いがする 写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま 絶えず君のいこふ 記憶に夏野の石一つ 俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく 俯いたまま大人になった 君が思うまま手を叩け 陽の落ちる坂道を上って 僕らの影は 追いつけないまま大人になって 君のポケットに夜が咲く 口に出せなくても僕ら一つだ それでいいだろ、もう 君の想い出を噛み締めてるだけ. 大人になったら、薄れていくと思っていた記憶は時間が経っても薄れてはくれなくて、むしろ時間が経てば経つほど、離れ難くなっていくこともあるだろう あの夏の僕らと大人になった僕ら 夜に浮かんでいた 海月のような月が爆ぜた バス停の背を覗けば あの夏の君が頭にいる だけ ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 夜空に浮かぶ海月のような月を見たことで、あの夏の君が思い出されます
ただ君に晴れ、この楽曲は全体的に夏の描写がとても上手 言葉選びが上手いのか、テクニックがあるのか、懐かしくも熱い夏を表現して、目を瞑ると景色が浮かんでくるようです
そんな願いは口には出せないまま、 「僕らの影」つまり僕らの自分自身の気づかない部分で 「 夜が咲いていく」、大人になっていく 中でもメロディー作りでしょうか
背伸びしたままというのは 少しでも大人になりたいという子供なりの気持ちの表れで、 大人になることに対して前向きな感じがしますね ということを表しています
最高の一言に尽きます 今回は『ただ君に晴れ』の歌詞に触れ、ヨルシカがこの曲で描いた物語を紐解いていく
絶えず人が行きかう中で夏野にある一つの石 よく出来てる! そりゃあそうだ もうね、先程書いたように音楽的なところが凄いんですがその上に乗る言葉、歌詞
n-bunaさんはなんていうか…非常にここが丁寧というか美しいんですよね 物語の語り手としてのヨルシカ、という在り方だからこそ、聴く者を没入させるストーリーを描くことができるのだろう
GUMIのサビと同じコード進行です しかし、 あの頃の君は記憶の中にいるだけ つまり、現実にはいません
俯いたまま大人になって 追いつけない ただ君に晴れ 口に出せないまま坂を上った 僕らの影に夜が咲いていく ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 過去にとらわれながら、大人になって周りに追いつけない (学生時代に行ったことがあります) ただ君に晴れ 音楽的分解 コード進行 とても単純で王道なコード進行です
38

それに対する 「君のポケットに夜が咲く」という表現。

ボーカロイドプロデューサーとしても活動しているn-bunaが歌詞を含めて、ヨルシカの楽曲制作を担っている。

サビ・aメロ・bメロ…メロディーって曲作りにおいて人間でいう血液みたいに曲を形作る上でかなり重要な要素。

ヨルシカは、コンポーザーであるn-bunaとボーカルのsuisで構成される二人組ロックバンド。

基礎中の基礎ですね。

写真なんて紙切れだ 思い出なんてただの塵だ それがわからないから、口を噤んだまま ヨルシカ ただ君に晴れ 作詞n-buna 写真や思い出はいらないもの。

そう分かっていても、『あの夏の君が頭にいる』と歌わずにはいられないこの曲は、子供から大人になっていく間のモラトリアムに囚われ続けている大人に向けたメッセージのように感じる。

大人になったら、悲しい思い出も薄れていくなんて、そんなふうに器用に生きられる人はもしかしたら一握りなのかもしれない。