ブレイザー ズ 対 ウィザーズ。 クリッパー ズ 対 ブレイザー ズ

翌、もプレーオフに進出したもののいずれも1stラウンドで敗退した。 - 川崎徳次が対東急戦でNPB史上11人目の通算100勝• 結局レギュラーシーズンは43勝39敗のカンファレンス8位で終了した。 :1996-2002、2003-2004• : 2001-2003• 2000-01• :1961-1965• 1973年にチームは、に移動し、キャピタル・ブレッツになるが、翌年、ワシントン・ブレッツに名前を変える。 その年チームは前年の36勝から57勝へと大きく改善された。 :2010-2015• アリーナスの時代 [ ]• 1960年代後半から1970年代 [ ]• : 2013-2018• 700 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 ブレイザーズ 3, 0 ブレイザーズ 4, 2 4, ブレイザーズ 0 1999-2000 59 23. 659 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝勝利 敗退 ワシントン 4, 3 ワシントン 4, 3 4, ワシントン 1 1979—80 39 43. にオーナーのエイブ・ポリンが死去した事もあり、チームの雰囲気は最後まで暗いままであった。 :1983-1995 50• :2005-2012• :2006-2015• 463 1回戦敗退 2, ブレイザーズ 1 1980-81 45 37. ドレクスラーの時代 [ ] 1983年から1995年までプレーした。
13
翌95-96シーズンは、ウェバーが怪我のためほとんどの試合で欠場したが、ルーキーのが代わって先発に入り平均二桁得点を残し、ハワードが平均22. 2017-18シーズン [ ] リラードが3シーズンぶりのに選ばれ 、2018年2月14日の戦から3月18日の戦まで13連勝を記録すなどし 、レギュラーシーズンを49勝33敗のウェスト3位で終えた : 2014-2016• 537 1回戦勝利 カンファレンス準決勝敗退 2, ブレイザーズ 4 4, ブレイザーズ 1 41 41. 707 カンファレンス準決勝敗退 4, ブレイザーズ 2 1978-79 45 37. 1970年代 プレイオフ進出:3回 ファイナル進出:1回 優勝:1回• ジョーダンは負け癖の付いていたチームを引っ張ったが、1年目の2001-02シーズンはジョーダン欠場中の成績が悪く、2年目の2002-03シーズンは、シーズン前にと交換でを獲得したが、終盤失速し2年連続で37勝45敗でプレイオフ進出を果たせず、ジョーダンは引退した
646 1回戦敗退 3, ブレイザーズ 1 1988-89 39 43. そのシーズン以降3年連続でニューヨーク・ニックスとプレイオフで戦い全て敗戦する 2月23日
(一時期、登録選手全体の知名度・年俸などで史上最も豪華なチームとなった そしてには再びNBAファイナルに進出するが、この年はジョーダン率いるに2勝4敗で敗れた
それだけで、こんなにディスれる相手チームがあるってすごいし、見えないミスがあるからこそハイライトプレーが生まれるのかもね マイケル・ジョーダンの加入 [ ]• :2003-2007• しかしファイナルではに0-4で一蹴された
新たにやらを獲得したが、ハワードが移籍早々に怪我でシーズン絶望となり、チームも2シーズン連続プレーオフ不出場となった :2001-2003 50• 610 ディビジョン準決勝敗退 4, ボルティモア 3 1970—71 42 40. 610 1回戦敗退 4, ブレイザーズ 3 2003-04 41 41. リラードの時代 [ ] 2011年、膝の怪我のためロイが現役を引退