システム の 復元。 Windows10 システムの復元ポイントを確認する

内蔵HDDに障害が発生しても、外部HDDに保存したシステムイメージは影響されていません。

タブレットモードをオフにしてデスクトップアイコンを表示する タッチスクリーンを持っている場合、コンピュータには、「 デスクトップモード」と「 タブレットモード」という2つの画面モードがあります。

すべての処理が完了したらパソコンが再起動し、Windowsのシステムが以前の状態に戻ります。

そして、このブータブルメディアで故障したパソコンを起動し、Windows PE環境に入り、AOMEI Backupperは自動的に表示されます。

このような症状が発生した場合は、ハードディスクのアクセスランプを確認してみましょう。

新たに復元ポイントを作成するとなると、1番新しい復元ポイントは現在になります。

確認画面が表示されたら、内容を確認してから「はい」をクリックします。

複数ある場合は、ユーザーが任意で復元ポイントを指定することになりますが、注意することは正常に作動していた最後の日時にさかのぼることです。

PCをリセットする• システムイメージを格納する外付けHDDをパソコンに接続し、認識できることを確認します。

以前のデータへの損傷を引き起こさないで、失われたファイルを復元することができます。

80
復元ポイントが作成されている場合はリストに復元ポイントの一覧が表示されます 操作の案内の前に伝えておきたいこと システムの復元ポイントの容量を減らす前に、2つ伝えておきたいことがあります
予め回復ドライブを作成しておいた場合、回復ドライブを挿入して、コンピュータを回復ドライブから起動するようにBIOSで起動順序を変更してください ステップ1. パスワードを設定している場合は入力します
3.コンピュータの電源を入れ、デルのロゴ画面で、画面の右上隅に「Preparing one time boot menu(ワン・タイム・ブート・メニューを準備しています)」と表示されるまで、F12キーを数回タップします ステップ2. 復元ポイントの容量の目安は? 復元ポイントの容量の目安はどれぐらいがいいのかは、非常に難しいです
これから、状況別にシステムイメージを外付けHDDから復元する方法を詳しく説明しましょう 紙文書、貴重なビデオ、唯一な親友との写真が含まれて、多くのフアイルが失われてしまいました
システムイメージの必要性 簡単に言えば、システムイメージとはWindowsを実行するために必要なパーティションのコピーです でも、イメージバックアップファイルを含むドライブにシステムイメージを復元することはできません
ステップ1. 次はそれらの方法をひとつずつご紹介しましょう ステップ2. 後は同じ手順でシステムイメージを外付けHDDから復元すればいいです
パソコンを使う予定のない日に行うなど、時間に十分余裕のある時に行って下さい …」というメッセージが表示され、システムの復元が開始されるので、そのまましばらく待ちます
このプログラムはシステムブートに関する全てのパーティションを自動で選択するので、外付けHDDをバックアップ先(システムイメージを保存する場所)として指定するだけでいいです キーボードで「 Esc」キーを3回押します
「別の復元ポイントを選択する」を選択することで復元ポイントを選択します システムの保護にある「構成」をクリックすると、「システム保護対象ローカルディスク」が表示されるので、「システムの保護を有効にする」にチェックを入れましょう
あまり過去の日付にさかのぼりすぎると、設定情報が古すぎて使いにくいことがあります そのため復元後にプログラムの再インストールや復元前にデータのバックアップなどを行うことがあります