アシナガグモ。 サソリ・クモ図鑑

オオジョロウグモに至っては10倍の差があるため、オスにとって交尾は常に危険が伴う 普通の円網ではここに横糸と同じように、しかしより密に糸が張られており、ちょうどクモの座る座布団、といった格好になっているのだが、この類の網ではこの中央に穴が開いており、円網の中央にはやや幅広い糸の帯で縁取られた穴となっている
近縁種 [ ] アシナガグモ属には日本で20種ほどがあり、その中で本土に普通で人里付近に多い種としては T. ここにいました また、人間は窓を開けずに生活することはほぼ無いですが 、 窓の隙間や網戸のほつれからアシダカグモが侵入することもあります
山道で見かけるクモで、道近くの草や木に、水平円網を張ります 頭胸部と足は黄緑たは緑色です
蜘蛛は成体になったオスとメスがまったく違う模様や色だったりする種類が多いです 網の中央にかくれ帯を作ります
茨城県南ですと、霞ヶ浦のほとりや小さな川のそばにひっそりと網を張っています などは地上性で、幼生は地表近くや土のくぼみに水平円網を張るが、成体はやはり網を張らず、のクモのように歩き回って獲物を捕らえる
多くの種のクモは、メスの方がオスよりはるかに大きい その他シロカネグモ属やアシナガグモ属には人家周辺によく出現するものが幾つかある
網にぶら下がっているので、腹部裏を撮るのは楽勝、楽勝 余計なことを書きましたが、水辺に多い蜘蛛であることは確かです
41 14