源氏 物語 写本。 東京大学総合図書館所蔵『源氏物語』について(東京大学大学院総合文化研究科准教授 田村隆)

序や奥書は記されない。

この少女は、藤壺の兄、兵部卿宮の娘で、今は、母方の祖母である尼君のもとで養育されていた。

(続きます). ーーQ:重要文化財以上の価値がある? 【元文化庁主任文化財調査官藤本孝一さん】 「十分に匹敵すると言えると思います」 「源氏物語」のストーリーに大きな差はありませんが、仮名遣いなどの細部には違いがあるということで、今後、専門家によって詳しく分析されます。 高校生の方は自力で解いてみてください。 まだまだ何か眠っているかもと思うとわくわくする。 平成21年(2009)収蔵資料。 4cm) 「総角[あげまき]」のみが独立して伝わる。
75

今自分がこの研究を拝見する学生の身分でないことが悔やまれる。

でも,時間をかけて本文全体をすべて読まないと,やはり作品時間を共有できない。

1-5。

当館所蔵の系図は鎌倉時代末南北朝頃に書写されたものですが、よく見ると現在知られている『源氏物語』には登場しない人物も記されています。

池田亀鑑「現存重要諸本の解説」『源氏物語大成 第十二冊 研究資料篇』中央公論社、1956年(昭和31年)11月、pp. 1 源氏物語はわが国文学の最高峰であるばかりでなく、また世界文学史上でも第一級の古典として、今日では既に国際的に定評が確立して居る。

本書は、第12巻として鎌倉期の写本「紅葉賀」「松風 二種 」「藤裏葉」「柏木」「鈴虫」の六種を収めた。

当館所蔵の源氏物語画帖は、江戸時代前期頃に描かれたもので、豪華な画帖[がじょう]仕立てから当時の有力者の調度[ちょうど]であったと推測されます。

1