ヤマト 2202。 2202が2199ファンに支持されない理由と『さらば』『ヤマト2』

[インパクトフラッシュ発生タイミング] インパクトフラッシュ発生タイミング 変動開始時 変動開始から2秒後or4秒後or6秒後 テンパイ直後 テンパイから2秒後or4秒後 当落あおり2秒前 「テンパイ図柄」 テンパイ図柄別 信頼度 パターン 信頼度 2・4・6・8図柄 約40. 章題 話数 封切日 第一章「嚆矢篇」 第1話 - 第2話 2017年 第二章「発進篇」 第3話 - 第6話 第三章「純愛篇」 第7話 - 第10話 第四章「天命篇」 第11話 - 第14話 2018年 第五章「煉獄篇」 第15話 - 第18話 第六章「回生篇」 第19話 - 第22話 第七章「新星篇」 第23話 - 第26話 2019年 先行上映 [ ] 封切日の前に、一部劇場において舞台挨拶を含めた特別先行上映が行われている。

7 GiB 2019-10-18 13:30 0 2 77 605. その名の通り、多数の波動砲搭載艦によって、強大な火力を有する艦隊を編成するというものである。

チャンスタイム中 信頼度 パターン 信頼度 保留変化 青 約8. 「滅びの方舟バトルリーチ」 滅びの方舟バトルリーチ 信頼度 パターン 信頼度 トータル 約48. 超波動砲演出 レバーを引いて大当りをジャッジ! 当れば10R濃厚! 一方、無断でヤマトを出奔した避難民の1人であるレドラウズ教授を連れ戻しにアケーリアス遺跡を訪れた古代は、そこで教授を操るガトランティスの大帝ズォーダーと出会う。

まだ山南さんの方が存在感があった。

4 MiB 2019-05-08 15:05 1 0 1194 254. (おきた じゅうぞう) 声 - 故人。

ゆうなぎの追撃の甲斐もなく敵艦は地球へ墜落していくが、海底ドック内で真田志郎たちによって改装されていた「ヤマト」が発射した主砲によって敵艦は撃沈され、地球は危機をまぬがれる。

には『』や『』を手掛けた小説家のと、特撮など実写映画系統の監督であるが参加。

9 MiB 2019-03-10 22:47 0 0 648 286. 音楽で盛り上げようとする必要はない話だと思うので、もっと抑えめに使ってほしかった。

地球連邦の領有する、太陽から遠く離れた楕円軌道を回る惑星。

銀河はAIによる高度な自立制御を備える無人艦隊の先駆けであり、ヤマトから受け継いだコスモリバースシステムを用いた友軍艦の波動エンジンの増幅・制御によって敵の進攻を食い止める さらに、コスモリバースシステムの副作用によって地球に生じた、時間の流れが異なる空間「時間断層」の存在と、それを利用した地球の軍備拡張、および地球とガミラスの同盟の裏事情を知らされる
砲身命数を完全に使い切ったんじゃないですか」 「そうだろうな アナライザー一発告知 レバブル 【当該変動】 「変動開始時ムービー予告」 変動開始時ムービー予告 信頼度 パターン 信頼度 古代 約71. その時、暴走した波動エンジンによって高次元世界への穴が開き、テレサが現れる
古代も斉藤も真田さんも、ヤマトクルーが皆空気 『月刊ホビージャパン17年3月号』(ホビージャパン、2017年01月)p. 本作では地球と和平条約を結んでいる
階級は 地球イスカンダル和親条約を無視し、「波動砲艦隊計画」を軸とした軍備拡大路線へ進みつつある
音響監督は本編同様に吉田知弘が担当 しかし、おそらくはこの『2202』の中で、もっとも昭和ヤマト世代を激昂させてしまった問題のラスト5分(!)が映し出されると、やはり空気は一変
監督が『2199』『』(以下、『星巡る方舟』)でのから『』でアニメーションディレクターを担当した羽原信義に交代している この愛は子孫を残す愛ではありません
6 GiB 2019-05-01 21:13 1 0 1250 1. 古代の婚約者 製作 - 宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会• 各話ごとに分担していた『2199』と異なり福井と岡が全体を担当しており、も福井が担っている
3 MiB 2019-02-17 22:04 2 0 5413 1. 艦首に装備された二連装の波動砲は、一条での集中射撃だけでなく拡散放射が可能 浮遊大陸戦での「基地奪還の栄誉は地球艦隊に」というセリフはその名残である
デスラーとキーマンの話だってほとんど未消化のまま幕引きに向かっている 特にガトランティスは『星巡る方舟』でおおよそのメカが登場済みであったため、本作で新たに石津が描き起こしたデザインは『2199』と比較するとだいぶ少ない
テレサのメッセージに対し、古代とともに決起して再びヤマトに乗りこむ 音声特典として、上映時に使用した3ch音声への切り替えが可能
95

2199の時から、戦闘シーンの絵だけはよかったという気はするからね。

また、コスモリバースシステムが地球にもたらした「時間断層」という負の遺産の存在を知って地球連邦政府の方針に憤った古代は、テレザートへ向かうべく反逆覚悟で元ヤマト乗組員たちと共にヤマトを無断発進させる。

それはそれで楽しみではあるから、新年の第四章も見に行くことだろう。

ちゃっかりそのままなのか、取り消しになるのか。

81