ご 期待 に 添える よう 尽力 いたし ます。 「ご希望に添える」とは?意味や使い方を解説

親しい友人など敬語表現にこだわる相手ではない場合には「頑張って」という気持ちをストレートに伝えることはできますが、目上の人には使うと失礼にあたります。

それに比べて「注力」は、これらに比べると少しトーンが落ち、100%の力はかけないニュアンスがあります。

新天地でのご活躍をお祈り申し上げます• 相手に対して感謝の気持ちをしっかりと伝えるためにも、ここで適切な敬語表現を押さえておきましょう。

「尽力いたします」の敬語 「尽力いたします」は丁重語+丁寧語 「尽力いたします」は、「尽力」に「する」の丁重語である「いたす」と丁寧語の「ます」をつけた敬語表現です。

この使い方は、社外の人や目上の人が、自社や自分のために協力してくれたり、力を貸してくれたりした時に、お礼の言葉として使われるフレーズです。

ちなみに「一翼を担う」という表現については、「一役を担う」や「一躍を担う」など、読み方を間違っている人や、「一役買う」や「一端を担う」という使い方と混同している人も少なくありません。

生きているのか、死んでいるのかすら分からない。

「ご期待」は尊敬語 「ご期待」は「期待」に接頭語の「ご」をつけた言葉です。

19 40