軽 自動車 キャンピングカー。 コロナ時代の安心な選択。 キャンピングカーは「移動オフィス」。在車勤務という働き方改革。 軽キャンパー・ミニバンキャンピングカーをテレワークに最適なプライベートオフィスに!コロナショックから学ぶ!これからの働き方!子どもにじゃまされない「在車勤務」のススメ。

FLEX「FD-BOX7改 vanlifeコンセプト」 車中泊ができる内装としたコンプリートモデルで、フロントフェイスをクラシカルな雰囲気にカスタマイズしたモデルも選べる。

経済的 税金・保険・車検は通常の4ナンバー軽自動車と変わらない。 アクセサリーを利用すれば、キャンプがより快適になります。 特に、このコロナ禍でリモートワークが広がったこともあり、車内で仕事をしたいとうニーズは高まっているようだ。 車のオプションで、ソーラーパネルやシャワーの蛇口などを設置すればキャンピングカーとしての機能性は更に高まります。 温泉施設などが全国にあり、安全に使えるトイレなども多い日本国内では、生活のすべてを車内で完結させなくても比較的快適に過ごせるため、こうしたシンプルなモデルが増えているのだ。 機能的かつオシャレなインテリアでアウトドアライフがより楽しくなるでしょう。 車を寝床としてしか使わないであれば、室内高はあまり気にする必要はありません。 家電・電化製品をストレスなく使用できるのが最大の特徴で、700Wのインバーターと55Wのサブバッテリーを標準装備。
91 44

お子さんが小さい家庭であれば軽キャンピングカーの選択はかなり良いのではないでしょうか。

軽自動車での車中泊ということを考えると、さすがにアルトやミライースといった軽セダンでは厳しいものの、軽ワゴンであれば恋人や夫婦、あるいや親子2人であれば十分可能です。

ちなみに、ほとんどの軽キャンピングカーは2~4人乗りになっています。

家具も最大限軽量化されているので、足回りへの負担も少なくなっています。

また、長距離の移動に向かない軽キャンピングカーは近場での移動が多くなるため、その面でもガソリン代は少なくなります。

また、N-VANは車中泊に役立つ様々な純正アクセサリーが用意されていますので、好みに合わせてカスタマイズすることもできます。

自賠責保険では、交通事故により他人に怪我をさせた場合、死亡させた場合の対人損害賠償を補償します。