大砲主義。 大艦巨砲主義とは (タイカンキョホウシュギとは) [単語記事]

口径9. 右の兵士は電話で弾着を確認中。

この頃、キャラベル船に搭載された大砲の数はおよそ10~20門。

砲耳のない砲身は実用に使われたことはないと断言して良い。 5㎝ 5000m 1500門 (8-4から8-9までの実物は陸上自衛隊武器学校火砲館屋内に所蔵されておりここには現存する日本の火砲を観察するには最大の種類を保存している。 船首部分、75mmのセミオートで自動的に発射できる小型砲のみだ。 砲同士の間隔も正確だ。 後期キャラベル船は、ポルトガルの探検航海に大きな貢献をした。 8-3、八九式15糎カノン(加農)砲 日本帝国大型砲の代表的存在ではあるが、果たして何門製造されたのか不明である。 じつは、オスマン帝国も強力な海軍を有していたが、基本、陸の帝国だった。 安価で高性能な鋳鉄砲が量産されると、船に搭載する大砲の数も増えた。 文化五年(1809)の砲台で、まだ欧米の知識が入っておらず、和流の「石火矢」の開発であろう。
74 93