四葉 エンド。 おまえらは五等分の四葉エンドと僕勉のうるかエンド、どっちの方がマシ??

やはり風太郎くんと呼ぶようになるのではないのでしょうか? 先ほども述べたように、もし四葉が風太郎と結婚するのであれば、彼女の性格は過去の京都で出会った頃のものがベースになってくるはずです 五月というキャラの役割 まず作品上において五月が担当していた一番重要な役割は、 「五月が本命ヒロインであり、思い出の少女(零奈)なのでは?」 と、読者をミスリードさせる役割
その理由の一つは、五月には「四葉の隠れ蓑」であり「物語の進行役」としての機能があったので、最後の最後まで恋の最前線に参入することができなかったこと 今後の展開が気になりますね
一方、四葉の方も風太郎のことが好きでした ラブコメ漫画における一番の見所のキスはもちろん、恋心を打ち明けることすらしていないわけですから
買ったのはオレンジジュース• 一花とは本屋、三玖とはスーパーでの買い物のみであり、五月は「らいは」を含めた三人でしたので、四葉が一歩リードしています 妹のライハと仲が良い 五月が風太郎に初給料を渡しに行った時、そのお金でライハの願いを何でも叶えてあげるという回がありました
いずれにせよ、いまだ未知数ですね しかし、そんな四葉を不憫に思った五月は、その後も零奈として風太郎の前に現れ、京都で出会った子は四葉だと気づいてもらえるような行動をしています
11
また、姉妹の4番目ですので、姉3人に気を使って風太郎にアプローチできていない可能性も考えられます なぜ未来の花嫁と四葉の性格はこれほど離れてしまったのでしょうか? 私が思うに元々の四葉の性格は未来の花嫁の状態に近かったと思います
風太郎は、四葉のおかげで家庭教師を続行できたと言っても過言ではありません 風太郎が四葉に気持ちを吐露し、四葉も葛藤はあったものの、風太郎に好き、と伝えているわけです
誰しもが本命だと睨んでいた五月はどうしてこんな結末を迎えたのか、そして五月とは『五等分の花嫁』にとってどんなキャラだったのかを考察したい バスケ部へは入部こそしなかったものの、たまに助っ人として試合には出ているみたいですが
また、四葉のキャラソンに 「四つ葉のクローバー」が出てきますが、「風太郎」を思わせるような歌詞がある点も気になります 学級長の仕事をしていくうちに、距離を縮めていくパターンですね
「五月エンド」になると思っていた理由は次のとおりです 結論から言うと、 四葉だと思っています
95
(ただしアナウンス時点で四葉はスマホを持っていない事は確定) まず一花ですが、誰かから連絡がきたので「やるじゃん、フータロー君」と言ったと考えられます。 2020. それぞれの部屋でまっているはずなのに、なんでアナウンス終了時に校庭いた?ってなります。 なぜ、風太郎が来るかもしれないのに、四葉は保健室から離れたかといいますと以下のことが考えられます。 ー『五等分の花嫁』コミックスより その時ライハは、 「なんか これ家族写真みたいだね」と言っており、これは五月が将来花嫁になることを象徴しているように思いました。 でも、五月はちょっと特別なポジション。 理由は、現時点で残り6話程度とされていますが(春場ねぎ先生が単行本14巻で完結と発言)、風太郎が四葉のことを選んだからです。 風太郎もこれを聞いていましたので、四葉を意識した可能性もありますね。
36