創価 学会 総本山。 創価学会

この後、信濃町の本部、全国各地の会館、創価大学、など学会関連施設でのが厳重になる。

今や宗門とは関係の無い団体から寺院等の建て替えをとやかく言われる筋合いはないのですが、質問ですから私なりにお答えしてみます。

むしろ、堤在の創価学会の大好きな、「社会に開かれた大石寺になってほしい」という話し合いだったと言わねばならないのである。

各世帯ごとに作成された「会員カード」によって会員や家族の移動などを把握する。

(昭和35年)• 喧噪(けんそう)や雑音もなく、空気も澄み渡り、厳粛な信心を奮い起こさせる、あのすばらしい「丑寅勤行」。

三、 創価学会で説いてきた登山の意義 先日まで創価学会で運営してきた登山会も、その精神は、本来、これら過去の人々の行動を受け継いできたところにあったと言える。

17 81