コロナ 皮膚 の 発疹。 新型コロナ、皮膚炎症が長引く患者も 国際調査で確認

ウイルスに対して皮膚に生じる種々の免疫反応や血管障害が皮膚症状発症の機序として推測されている。 研究を率いたエスター・フリーマン博士は「皮膚では、体のほかの箇所でも起きているかもしれない炎症がひと目でわかる」と述べ、新型コロナウイルスが引き起こす炎症反応の理解に今回の調査が役立つことに期待を示した。 そのほとんどは10日以内に消失するようで、感染の重症度と皮膚症状の関連は不明である。 皮疹の出現時期は診断3日前から診断13日後までと様々で、所見は中毒疹様、蕁麻疹様、凍瘡様、紫斑など多様である。 これは、皮膚症状を記録に収めるためのカメラが、感染拡大防止の観点から病棟に持ち込めなかったためであるようです。
48 52