姫路 市議。 日本共産党 苦瓜かずしげ

明日の投票日には「苦瓜かずしげ」と書いてください。

初日は雨でしたが2日目からは晴天に恵まれて気持ちよく街頭宣伝に励みました。

45
名前:松岡広幸(まつおか ひろゆき)• 井川市議は取材のあと、会派に「うその欠席届を出した」と説明したということです その後遊具や安全柵などが追加され、最終的に契約額は約5500万円に膨らんだ
姫路市議選ですが、全国で自治体議員選挙が一斉に行われ、衆議院の補欠選挙も沖縄と大阪で明日21日は全国で投票です どう考えても自分が偉いんだぞ!と言わんばかりの態度だと思いませんか? どちらかといえば、4期も市議として当選させてもらい活動していると思わないといけないのではないでしょうか? しかも、市職員たちに機嫌を損ねると今後の事業に悪い影響が出ると思われているのであればなおさら市議でいる必要に疑問を感じます
お世話になってる方がいらっしゃいましてまぁちょっとあまり健康状態がよくない、と 市建設局の佐々木康武局長は「暴言、脅迫めいた発言が多々あった」と述べた
2件は市などが実施する同一事業への要望で、今年1月と2月に威圧的とも受け取れる発言などがあったとした 井川一善姫路市議の経歴学歴は? 井川一善氏は、昭和45年生まれの政治家
兵庫県姫路市・白浜地域の浜手緑地で2020年9月に供用が始まった複合遊具の契約額が当初計画から大幅に増えた問題を巡り、同市は2日、同地域が地盤の松岡広幸市議(54)が19年度に威圧的言動で市の公正な職務を妨げたとして、一連の発言を市職員倫理条例に基づき「不当要求行為」と認定したと明らかにした 本来はお互い良い関係にあってこその地方自治・行政なのではないでしょうか? 最後までご覧いただきありがとうございました
市は一連の言動を1日に不当要求行為と認定 同市議は再開後の審議を欠席した
この問題を巡っては、特別委が実態解明に向け、地方自治法に基づく調査権(百条調査権)を行使する方針 兵庫県姫路市議による市職員への言動2件が2020年度に「不当要求行為の恐れ」と認定された問題で、三木和成(かずしげ)市議(70)が18日、いずれについても自身の関与を認めた
市議が市のイメージを悪くして、どうするの?. 「人事課長に言うて換えてくれ、秋に、そんなできの悪いやつ」• 「顔見んのもけったくそ悪いわ」 と移動をするように要求しました この問題を巡っては、特別委が実態解明に向け、地方自治法に基づく調査権(百条調査権)を行使する方針
11