明鏡 止 水 と は。 「明鏡止水」の意味と由来は?使い方や類語・対義語も解説

「明鏡止水」の由来は? 「明鏡」は「鏡」のことを指し、「止水」は「水」を指す言葉ですが、2つを合わせた「明鏡止水」という言葉は「澄み切って落ち着いた心」という「心」を指す言葉です。

さらに、汚れや曇りのない鏡を表す「明鏡」は、偏見や傲慢な気持ちのない澄んだ心のことを指しています。

一人は、一九三四年に収賄疑惑で文部大臣を辞任した 鳩 はと 山 やま 一 いち 郎 ろう(後の首相)。

[使用例] 狙いが定まらない。

「明鏡」とは、「塵や垢がついていない、曇りのない鏡」を指す言葉で、「止水」とは、「静かに澄んでいて、止まっている水」のことを指しています。

かつ「明鏡止水」本来の魅力でも透明感ある 口当たりは健在!きおれはやっぱり旨い! 1800ml 3133円 (税込) 季節限定品(2月) 【2848円 税抜】 720ml 1565円 (税込) 季節限定品(2月) 【1423円 税抜】 垂氷(つらら)ができる極寒期に醸したお酒 明鏡止水 純米 「山田錦」垂氷 (たるひ) 槽しぼり (長野県佐久市) 使用米 山田錦60% (麹)65%(掛) 日本酒度+5 酸度1.6 兵庫県産山田錦の持ち味である、繊細かつ上品な甘味と伸びのある味わい、 爽やかな後味を十分に引き出した、「明鏡止水」らしい造りに対する徹底的なこだわりを、強く感じることの出来る逸品です。

」 つまり、片足を失っている申徒嘉への偏見や、自分が宰相であるという傲慢な気持ちを、鏡につく汚れや曇りに例えているのです。

そしてこの「明鏡」の円!「水」に向かって濃く、重力に引っ張られて、でも「止」に向かって軽く、明るく、突き抜けていっている。

「明鏡止水」の類語・対義語は? 「明鏡止水」の類語は「虚心坦懐」「光風霽月」「心頭滅却」 「明鏡止水」には、いくつかの類語があります。

57