2030 未来 へ の 分岐 点。 NHK Nスぺ『2030未来への分岐点(4)ゲノムテクノロジーの光と影』放送|気になる遺伝子

絶え間ない努力を 理想のミライを具体的にイメージし 実現のために動こう どうすれば、危機を回避できるのか
気候変動により自然災害の被害が甚大化している様子を目の当たりにし、強い危機感を感じたと言います 今年策定される次期エネルギー基本計画では『2030年度の再生可能エネルギー電力目標を40~50%とすることを求める』」というものです
一つは、 溶けた永久凍土から未知のウイルスが拡散されること これは決して「遠い将来」の危機ではありません
この他にも、電気自動車などの普及を一気に進めるため2025年までに 百万基もの充電設備を整備します 創作現場に長期密着したドキュメンタリー番組(1月8日)も放送します
9(水)0:25~1:14(NHK総合1・東京) 詳細は下記リンク先をご覧ください 『寒帯前線ジェット気流』と『亜熱帯ジェット気流』がともに日本付近で南に蛇行し、寒気が流れ込みやすくなりました
放送以外でも、情報発信! 世界各国の気候危機の現状 15年の調査で調べたひなから明らかになった数は、最大で 1羽当たり276個
化石燃料による発電にかかわる設備や権利は 「座礁資産」と呼ばれるようになってきました 小冊子を作り、学校や地域のコミュニティーでワークショップやごみ拾い活動を始めました
33

トラウデンさんはファッションショーで再生素材を使った服を紹介し、リメイクやリユースをもっと活用するよう呼びかけるなど、業界全体への働きかけも行っています。

ひとたび河原に踏み込んでみると、一面プラスチックごみというショッキングな光景が広がっています。

産業革命前と比べると1. 企画を立ち上げたのはイギリスの高校生で、世界各国の若者がその思いに共感し、独自にイベント開催の準備を進めてきました。

27か国・人口4億5千万近い市場が一丸となって、脱炭素革命をめざします。

まさにこれが グリーンリカバリーの考え方です。

2020年12月に総理大臣官邸で行われた「2050年カーボンニュートラル・全国フォーラム」に出席した時のことです。

残りの廃プラスチックの多くは東南アジアを中心に輸出していましたが、国際条約により2021年1月より原則輸出は禁止になりました。

31