ビジネス メール お礼 返信。 【採用メールの返信方法】例文を使って書き方をより詳しくご紹介

「ご返信を賜り、誠にありがとうございます」 「ご返信ありがとうございます」を最大級に丁寧な表現とする場合は、「」を用いましょう。

この度は、ご多忙のところ、 早々にご回答いただき大変恐れ入ります。

お礼メールということを頭に入れ、シンプルな文章で作成しましょう。

相手が長文であれば、こちらが簡潔過ぎると物足りなく感じるでしょうし、相手が堅苦しい文章のときには、こちらはくだけ過ぎないように留意して返信メールをしなければいけません。

なお、本メールへの返信は不要です。

46 18