下痢 の 時 の 食事。 消化に良い食事

ひどい下痢が続く時の対処 一日に何度も下痢をする場合は、脱水症状になったり、電解質が過度に失われたりします。

・脱水が心配なので、水分補給に気をつけてください。

下痢のときは、消化が良く胃腸に刺激を与えない食事をとることが大切です。

腸に炎症やがんといった病気がないのに下痢や便秘を繰り返す病気で、腹痛や腹部膨満 感などの不快な症状を伴うことも多く、特に若い世代に多いそうです。

ハチミツ入りすりおろしリンゴで腸の粘膜を守ろう リンゴはカリウムと食物繊維のペクチンを豊富に含み、腸内を酸性にしてビフィズス菌をはじめとする善玉菌を繁殖させ、腸内環境を整えます。

バナナは消化がよく、水に溶けやすい食物繊維であるペクチンを豊富に含んでいるため、下痢の改善に役立ちます。

18
ストレス解消には趣味や運動もいいですが、おすすめなのは入浴による解消法です。 リンゴは酸味が少なく、子供でも食べやすい食品ですが、そこに殺菌作用や整腸作用のあるハチミツを加え、甘さを調節しましょう。 腸内細菌のバランスを保つために、抗生物質の処方時に善玉菌を含むヨーグルトを食べたり、ラクトバチルスなどの乳酸菌を摂取するように、医療者からアドバイスされるかもしれません。 ただし、脱水や衰弱の具合によっては下痢を止めた方がよい場合も。 鶏ささみは2cm、キャベツは4cmほどの大きさに切る。 ただし、鶏肉の皮は脂が多いためはがして調理しましょう。
2