日本 沈没 2020 あらすじ。 【日本沈没2020】最終話ネタバレあらすじと感想|歩や剛そしてカイトはどうなったのか?

総理の山本、元妻の鷹森危機管理担当大臣を前にあと1年も無い中で日本が沈んでいくという予想を展開します。
こんな無駄なことのために一行が命をかける物語に、どうやって手に汗握れと言うのでしょうか。 もくじ• また、物事を客観的に見ることに長けていて、常にメリットとデメリットを秤にかけながら調整することができるリーダータイプ。 歩の足は紫色を通り越して黒ずんでいた。 船乗り場は脱出を希望する大勢の人たちで溢れかえっていた。 大事な人のいるところが自分の居場所。 今の時代だからこそ、 諦めずに未来を信じ続けた者たちの究極の人間ドラマにご期待ください。
29
感動もクソもない。 3:マイオリタキボウ 「私が父さんを殺したんだ!そう思っているんでしょ!」 歩の好物である山芋を掘ろうとした為に死んでしまったのは私の原因だと歩は酷く憔悴して歩みが遅くなる。 調べてもらっている間に船が出てしまうかも・・と話していると、剛が富士山を発見する。 いずれは結婚を考えているが、仕事第一でなかなか意中の相手と出会えていない。 目的がよく分からなくなる終盤 本作は日本が沈没した後にも話が続きます。 その時、高台の神社に続く石段が綺麗にライトアップされているのを見る。
3