花 より 男子 二 次 小説 大人。 新たな道へ 15

「あっ、花沢社長。

牧野と司が別れた理由は、牧野が英徳の大学に進学してきたことで、そういう結果に至るまでの過程は見ていてわかった気はする。

「はい。

ドレス素敵だね。

司は、黙って玲人の話を聞いていた。

」 「へぇ、じゃあ梓の彼氏ってこと??」 「あきら、まぁ、そのへんにしとけよ。

90
そして、牧野を、綺麗にしたのは、おそらく司の存在だろうし、もしかしたら、類の影響もあるかもしれない
その瞳は、そう継げていた 「神崎君、今回の件、本当に申し訳ない
許されるとは、思ってませんが、、、
大学2年の頃、初めて心から愛する女性に出会ったこと 道明寺さん
」 「いえ
「話って?」 類が、切り出した 「ねっ
更新日:2013-04-25 15:40:47• 数日後、店に行ってみると、彼女は辞めていた、あの一件後、半ば辞めさせられていたのだ それから、玲人は、週1回彼女の働くレストランに、通うようになった
確かに、ひとつわかっていることが、ある 」 「稜君がどうかした??仕事で何かあったとか?」 「ううん、仕事の事じゃないの
牧野に対する自分の気持ちを、こんなふうに、わざわざ確認する必要があるなんて思わなかった 」 つくしは、その言葉に凍りついた
92