ホジュン 心 医 あらすじ。 BS12「ホジュン~伝説の心医~」第56話~60話あらすじ:都を捨てる~イェジン、サムジョク寺へ!予告動画

しかし作品自体はいいもので、日本でも韓国でも傑作と呼ばれる作品は何度もリメイクされるのが普通なので、出演している俳優さんで選んだり、現在作られた作品を見るのが時代の雰囲気に合っていて見やすいかもしれません 医書を読んだ王・光海君の命令で赦免されたジュンは、王に「余生は山陰(サヌム)で貧しい民のために尽くしたい」と申し出る
そなたが必要なのだ ホ参奉の指示を進んで守っているので、私の父も喜んでいる」 と声をかけた
「 王様 彼の父親キム・ムセンさんも俳優で、かつてドラマ『執念』でホ・ジュン役を演じていたこともあり、親子二代で同じ人物を演じることになりました
悪化する前に飲ませないと手遅れになってしまう」 「薬を飲ませるのが遅れた患者以外は、悪寒と発熱が治まり気力を取り戻しました」 ミョンゴルに、報告を、と言われたジュンはそう答える ・・・何度かマンギョンたちが往復し、医書はいよいよ完成に近づいた
ジュンがヤンテに尋ねる 期日までに治せなかった」 しかし、ジュンは 「自分の治療を信じます」 と言うが、ヤンは 「人の胃を見たこともないのに治せるものか」 と吐き捨てる
「私は王様の臣下です」というジュンの言葉には、私も泣けてきました オグンが、これは何だと尋ねたら、ハマンはこう答えた
あの本は役に立たぬのか?」 ドジが答えた 「やめてくれ!返せ!」 配下の者に突き飛ばされても、ジュンは止めようとした
一方、ウノクも流刑地の獄舎から解放され、府尹から漢陽に行く準備をするよう言い渡される スヨンを医女 にしたのだった
マンギョンが 「まだ出回っていない本の治療法を、どうやったら知ることができる」 と聞いた 私は本作で初めてホ・ジュンについて知れたので、長編ドラマでありながらストーリー展開の早いことと、1話あたりが短いのが見やすいと思いました! 元々は韓国時代劇は苦手なのですが、それはどれも似たような権力闘争ばかりだったからで、本作のような心温まる話や泣ける展開はかなり好みでした
15 8