やまゆり 園 タブー。 「やまゆり園障害者殺傷事件」の背景にあるもの 渡辺一史『なぜ人と人は支え合うのか』より|じんぶん堂

15

その意味で、アウトリーチ支援が入り込む余地はあったと思います。

社会を震撼させた事件の背景に何があったか。

《亡くなった被害者の実名が報道されていない件についての是非が問われているようですので意見を述べさせていただきます。

(平成31年)ので、廃案になった精神保健福祉法改正案の提出を、の実施により、の会期延長が難しい日程を理由に、に改正案の提出を断念することが、共同通信社の取材で分かった。

しかし、その一方で、犯行後には安倍首相に宛てて、「5億円の金銭的支援」や「美容整形」「心神喪失による無罪」を要求するなど、きわめて確信犯的で用意周到な記述も見られます。

加害者・植松聖 植松 聖 生誕 1990-01-20 (31歳) ・ 国籍 出身校 (2012年3月に卒業) 職業 「津久井やまゆり園」元職員 (事件当時は無職) 罪名 ・・殺人未遂罪・・違反 刑罰 (未執行) 司法上現況 (死刑確定者) 動機 「意思疎通のできない重度の障害者は不幸かつ社会に不要な存在であるため、重度障害者をさせれば世界平和につながる」という思想 有罪判決 ・2020年3月16日 収監場所 ( ・) 生い立ち 本事件の加害者である男・ 植松 聖(うえまつ さとし)は(平成2年)生まれ(現在31歳)。