ポセイドン アドベンチャー。 映画『ポセイドン・アドベンチャー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

2016年11月10日閲覧 スコットは自ら決死の探索を行い、その結果から機関室へ行くことが最善だと主張する
スコット牧師の数少ない理解者の一人で淡い恋心を抱いている その製作費は1,200万ドルであり、234万ドルで撮られた『気球船探検』とは桁違い
無事彼を救ったベルは、目的地に泳ぎついたものの、心臓発作に襲われ、息を引き取った 日本で最初に公開された時は小学1年生、もちろん劇場には観に行ってません
船が地中海に入ってからやがて大晦日を迎えて、その夜に大食堂ホールでパーティーが開かれた そんな船の中、歌手ノニーの歌に、給仕のエイカーズは聞き惚れて居ました
これまでに続編を含め4度の映像化が行なわれている 〇〇には尊敬に値する人物を入れればいいのです
24
強面の刑事であり、妻のリンダとともに新婚旅行でナポリ、ローマ、ベニス、トリノといったイタリアを訪れるためにポセイドン号に乗船する 上下さかさまになって浸水していく描写が超印象的な映画です
低迷していたハリウッドの危機を救った作品と当時は評され、これ以後パニック映画が立て続けに制作された 彼は別れを惜しむ時間が欲しいと願います
船医 - ジャン・アーヴァン 転覆後も生存し、脱出できるのは船首だけだと判断し、他の生存者を引きつれて沈みかけている船首へ向かう バラスト(底荷)をしていないので、船体の上部が重く、大波を喰うと転覆する恐れもあり、スピードを出すことも危険だったが、船主の代表はそれを認めなかった
ところがクレタ島の南西130マイルの沖合で海底地震が起こり、その影響で大津波が起きる アニメの充実ぶりや過去の人気ドラマの一挙放送なども見逃せません
水泳の心得がある 爆発が起きてホールに残った乗客はパニックを起こす
ここまで冷静を保ってきた剛毅な牧師も神を呪うのであった しかも、その彼を助けるために1人の乗客が息を引き取ってしまいます
客船号は予定を遅れてに入っていた 以前ロビンが、そこを抜けて機関室に行った事があると保障したからです
人間は自ら努力して苦しみを解決しなければならない」と独自の思想を持つ スコットは皆を先に行かせ、はぐれたロビンを見付け出し、皆と合流しました
10