高島 秋帆 渋沢 栄一。 高島秋帆と渋沢栄一(「青天を衝け」3) : 気ままに江戸♪ 散歩・味・読書の記録

辛うじて死罪を免れた秋帆でしたが、幽閉されたまま長らく捨て置かれてしまいます 嘉永6年(1853年)、ペリー来航による社会情勢の変化により11年にわたる幽閉がとかれ赦免出獄している
栄一は途中で2人とはぐれてしまい、声がするほうへ行ってみると、高島秋帆がいて、栄一は髪飾りのお礼を伝える 本当に出会ったかどうかは定かではありませんが、場所が深谷ですし、渋沢栄一の出身地そのものです
その性能は群を抜いており「増田安次郎」の銘は高性能砲の証、ブランドだったのです 文化11年 1814 に父の跡を継ぎ長崎会所調役頭取に就任
今後の展開が楽しみです ふたりの出会いが史実だったのかは定かではありません
5m、重量:3トン、口径:15センチ、射程距離:2500m 材質:青銅砲、弾丸:炸裂弾 武州足立郡川口 鋳物師増田安二郎 嘉永壬子五年仲春 高島秋帆が増田安二郎に送った褒状が、川口市立文化財センターのサイトに掲載されている NHK大河ドラマ「青天を衝け」、いよいよ始まりましたね
慶応2年(1866年)、69歳(満67歳)で死去する はじめ荻野流砲術を学びましたが、後に出島のオランダ人から蘭学・兵学・砲術を学び、「高島流砲術」という西洋式砲術を創始しました
翌年、秋帆は長崎からおよそ100人の門人を引き連れ、武州徳丸原で日本初の洋式軍事調練を実演しました 当地は、当初幕府の鷹場でしたが、のちに鉄砲稽古場として大砲や鉄砲の稽古が行われるようになりました
もし陣屋の正門が中山道に面しているとすると、高島秋帆は陣屋の最奥に幽閉されていたことになります この頃の秋帆は妻子を江戸に呼びよせて長屋住まいをしており、10万石の大名に匹敵するといわれた町年寄の身分には戻らず、質素な暮らしを続けていたといいます
于時先生長崎の小吏なりと雖も、高邁の才、達観の識あり、加ふるに慨世憂国の志と百折不撓の精神を以て、此危険にして困難なる事業に渾身の勢力を傾注す、忽ち嫌疑を受け累紲を蒙り、身を危くし産を喪ひ、殆ど絶望に垂んとして、僅に時世の転進に由り其説の行はるゝに至れり、而も生前改革の端緒を見しのみ、轗軻不遇家庭不幸を重ね、世は国乱既に醞醸して将に迸発せんとする際に卒す嗚呼哀哉 しかし天保13年 1842 に、長崎会所の杜撰な運営の責任者として長崎奉行に逮捕投獄される

1834年、オランダ人から学んだ砲術を基に、高島流砲術を完成させる。

私の故郷である高槻の偉人なので、ぜひ全国の皆さんにも知ってほしいと思います。

122• 幕府から砲術の専門家として「火技中興洋兵開基」と称せられる。

その結果、幕府は幕臣にも西洋式の兵術・砲術を学ばせることとなり、伊豆韮山の代官、江川太郎左衛門をはじめ、多くの幕臣が彼のもとに入門した。

また、四郎兵衛は幕府から派遣された荻野流砲術家・坂本孫之進に学んで砲術師範となっていました。

渋沢栄一との関係とは? 令和3年(2021)放送予定のNHK大河ドラマ『青天を衝け』では、渋沢栄一に影響を与えた人物として秋帆が登場します。

天保年間には、欧米のアジア進出の危機に備えて、砲術の改革を幕府に進言するなどした。

それによって歩・騎・砲による三兵戦術が、小規模ながら披露された意義は非常に大きいものです。

39