木彫り の 熊。 いつも隣に木彫り熊!北海道産まれの個性豊かな熊たちに惚れ込む

今、にわかにブームがきている木彫り熊。

その後、絵画、ライブペイント、立体物、インスタレーションで作品を国内外で発表。

それからすっかり時が流れ、あの熊さん達はどうなったのか。

外の人でも見学した人は居るみたいですけどね。

昔から作ってる年配の方もまだまだいますけど、ご高齢なのでやっぱり危機感はありますね。

related article 関連記事. 今が土産物から美術品へと認識が変わる過渡期なのかもしれませんね。

最近では土産物として種類豊富な菓子や海産物が主流になり、すっかり影が薄くなった。

身近にあるのに、意外と知らない木彫り熊の尽きない話。

精工に作られた木彫り熊の個性を大切にしつつ、アーティストそれぞれの感性・テーマ性が加えられています。

20

とある放送作家の友人にそう云われて、ではその名前をいただきましょうってことになりました。

・配送日、配送時間は指定できません。

などしてくださる(・)。

本展では、《怒り熊》や《白熊の親子》、《川の恵み》など、藤戸が手がけた木彫り熊作品の数々を目にすることができる。

熊以外を彫ったことがなかった藤戸は、京都と奈良に赴いて仏像の姿を目に焼きつけ、半年のあいだ、観音立像の制作だけに注力したのであった。

それからすっかり時が流れ、あの熊さん達はどうなったのか。

熊は、アイヌの言葉でカムイ。

そんな時代が確かにありました。

当時旭川にはがあり、本州から来た軍人家族などへの土産ものとして人気となったという。

現在、芸術の森美術館で回顧展が行われている、藤戸竹喜は、木彫り熊の黎明期から、爆発的な人気を博し、衰退していく過程をすべてその目に映してきた数少ない人物だ。

90