オセアニア 州。 中学地理「オセアニア州の重要ポイント」

というわけで 鉄鉱石と石炭を原料とする鉄鋼業にとって、日本はオーストラリアなしではやっていけないということになります。

非公用語• 『東南アジア・オセアニア』菊地俊夫・ 編、朝倉書店〈世界地誌シリーズ 7〉、2014年6月10日、初版第1刷。

オーストラリアの内陸部の大部分を占めている気候帯は何ですか。

現在は 鉄鉱石、 石炭など鉱産資源が中心となっていますが、 羊毛の生産量・輸出量は現在も 世界1位です。

近年では、牧羊地帯より降水量の多い所を中心に牧牛地帯も広がり、牛肉の生産も多くなっています。

90
牛と羊と農業 オーストラリアでは,牛と羊の飼育が多いです。 統計を見てみると、羊毛の生産はオーストラリアが世界第2位、ニュージーランドが第3位 輸出はオーストラリアが第1位でニュージーランドが第2位となっています。 1860年から1861年にかけてはオーストラリア内陸部の状況を調べるためにが送られ、悲劇的な結果に終わったものの内陸部の状況は明らかになった。 宗教的には、ほとんどの地域で、とくに諸派がほとんどを占める。 こうしてトンガやサモアにたどりついたラピタ人は、そこで1000年ほど留まり今のポリネシア文化の祖形を作り上げた。 クック諸島 の国旗について ユニオン・フラッグはイギリスとの伝統的な関係を象徴し、星はクック諸島を構成する15の島を表している。 青と白の波形は南太平洋の海洋国であることを表している。 黄色は太陽の光と国民の温かな気持ち、ユニオンフラッグはイギリスとのつながり、ユニオンフラッグ上の小さな星は南十字星、円の上の大きな星はニウエの自治を表しています。 オーストラリアとニュージーランドの地形は非常に対照的です。
1